スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展を観て、武重洋二さんに会ってきました。

デカいくつ。撮影できるのはこれだけ。
↑葉っぱには「しゃしんをとってね!」と書いてあります。

リアルとファンタジーをフュージョンさせる

というキャッチコピーがいい感じに中二臭くて
がりもる好きなのよ。

というわけで、行ってきました。

借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展

アリエッティの劇中でもダイナミックかつ繊細に表現されていた小人世界を、
実写映画の美術監督として活躍している種田さんがばっちり再現してくれました。

大人も子供も小人視点で借りぐらしの世界を追体験できる、
素晴らしい展示内容になっていたよ。

11/3から展示は始まってたけど、
今日は種田陽平さんと武重洋二さんのトークセッションがあったので。

「サマーウォーズ」の入道雲とか!

がりモル的には武重さんに会いに行ったようなものだよ。
宮崎駿さんの次回作とか、いろいろ興味深い話も聴けたので、
楽しい時間でした。










図録

図録も買ってきました。1950円。

トークセッションの後のサイン会には、
種田さんの著書を売店で購入することが参加条件だったので。

まぁ、もともと買う予定だったから値段とか別にいいんだけど。

展示内容はこんな感じ

まるで実写

と、美麗な背景美術を称賛することもあるけれど、
本当にアニメの世界から飛び出したような。

床下の世界を再現するため館内が全体的に暗めだったので、
(そこがまた雰囲気出てていいんだけど)
展示内容が見えにくいところもあったけど、
図録だと明るくてわかりやすいですな。

展示内容はこんな感じ 2

東京での展示開始とアリエッティの封切りがほぼ同時、
ということでひと足先に背景美術の作業を終えた武重さんたち、
ジブリの美術スタッフがセットの着色作業を手伝ったんだとか。

映画本編の完成を待たずに、ここまで本編の世界観を表現できるのは、
やっぱり種田さんの手腕によるところが大きいんでしょうね。

葉っぱの葉脈の1本にいたるまで、こだわりぬいた細部など。

11/3づけで新潟中央〒の消印が書かれた新潟展だけの限定小物など。

観ドコロは数あれど、やっぱり口で説明するより実際行って体験してもらうのが早いよねっていう。

1回入場したらゲートを出るまでは何回でも再入場できるから、
回転率が早くてゆっくり観れなくても大丈夫。

ジブリとかアニメに興味なくても
映画のセット、美術の道に進もうっていう人にもオススメ。

アトラクション感覚で楽しんできてくれたまい!



武重さんと種田さんのサイン

さてさてお楽しみのトークセッションですが。

トークセッションの司会が地元TV局の名物リポーターのえーもん氏で、本展の本気度を再認識。

でも、きんちょうしたのか「となりのトトロ」を

「とととなりのトトロ」とかんだえーもん氏。
トトロって略そうとして途中でやめたのかな。
それで会場がなごんだので結果オーライでしたけど(笑)

本展を手掛けることになった経緯とか。
本展の見所とか。
この業界に入った理由とか。
実写とアニメの美術の制作スタイルの違いとか。

映画の美術制作会社だと思って就職したら、アニメ制作会社だったから。
というのが武重さんがこの業界に入った理由(笑)

トークセッションの中で武重さんの口から
エヴァ、GAINAXが語られることになるとは、
がりモルうれしい誤算だったよ。

そういえば、武重さんは「オネアミスの翼」にも参加していたのでしたな。

いやはや、すごく勉強になったよ。
長岡造形大学の学生とか、必聴の内容だったよ。
もしくはもう、大学で講演したあとだったのかな…?


監督はみんな人でなし

っていう武重さんの発言で、一番会場がわいたな!

もちろん、言葉どおりってわけではなく。

人でなしって感じるくらいにリテイク食らうけど、
それだけ監督のパーソナリティ、世界観が固まってるっていうことで、
クオリティアップに妥協しないその姿勢には敬意を表しているっていう意味なのです。

特に宮崎駿監督は妥協を許さない、
というか軽く手を抜いただけでもビシっと見抜いて指摘してくるので
宮崎組の背景美術は大変やりがいがあるそうです。

質問タイムが設けられたけど、質問できたのは尺の関係で3人だけ。

気分転換の方法とか、新潟の印象とか。

がりモル的に興味深かった質問だけ詳細を。

Q.今後一緒に仕事してみたい監督は?

種田さんはスコセッシ監督。

武重さんはジブリ系の監督さん以外あまり接点がないので何とも言えないとか(笑)

あえて挙げるとしたら、
2012夏公開予定の最新作には残念ながら参加できなかったけど、
細田守監督とはまた一緒に仕事したいそうですよ。

2013年公開を目指している宮崎駿さんの最新作にかかりっきりなんですって。
先日も栃木にロケハンに行ったとか。舞台は北陸地方がモデルになるらしい?

サイン書いてもらうときにそこら辺を突っ込んで、それとなく聴いてみたけど、
「気長に待っていてください(笑)」とのことでした。

気長に待つよ!


残念なことは、トークセッションの空席が目立ってたのよ。
本当は事前に応募が必要だったのに、本日入場した人は無条件で参加できたからね。

わざわざ往復はがき買ってまで応募したがりモルさんの立場は。。。

数合わせにしてもちみっこに聴かせても意味わからんちんだろう、トークの内容。



種田さんの過去のお仕事内容なども図録に収録

種田さん、どこかで聞いた名前だと思ったら
「花とアリス」や「イノセンス」に参加してたのね。

やたらと実写畑に武重さんを勧誘してたけど、
種田さん自身はアニメ作品に今後かかわる予定はないのかな。



図録お買い上げの皆様には複製色紙のプレゼントが



でも、なにはともあれ仕事帰りの疲れも吹っ飛ぶ

約1時間ほどの、濃密な時間でしたわ。

トークの後にまた再入場して、小人の世界を追体験してきたけど、
新たな発見ができておもしろかったですな。

また映画本編が観たくなる、いい展覧会でした。

というわけで、がりモルは今アリエッティのBD観ながらこの記事を書いているのです。

みんなもいってくればいいよ!
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がりモル

Author:がりモル
「お前ホントやせてんな!がりがりしたモルモットかYO!」
私が若かりし頃に麗しのお姉さまから吐き捨てられた言葉がニックネームの由来です…
PS3ユーザーでまいいつ大好きっ子。
トロステーションをこよなく愛する。
GAINAX作品に傾倒。
色鉛筆使い。

りんくふりー!
相互リンク、コメント、トラックバックお待ちしております!

TUBUYAKI
ツイッター始めました。
アニプレッション!!
アニプレッション!!のサイトへまっすぐGOだぜ!
「アッタカサノザレゴト」c85参戦決定!
「アッタカサノザレゴト」のページへ
絶賛オススメ中だボイルァァァァアア!!
宇宙ショーへようこそ 宇宙ショーへようこそ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
どこでもいっしょ
ブルーレイマイスター
ブルーレイディスクマイスタークイズ
オススメしたいアニメ・ゲーム
メルルのアトリエ公式サイトはこちらへ! 東のエデン公式サイト バンブーブレード~それからの挑戦~5月28日発売です ロロナのアトリエ公式サイトはこちらへ! アーシャのアトリエ公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「トトリのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから! ガストゲームズサポーターズリンク「トトリのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから! アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「リーナのアトリエ・アルトネリコ3」公式サイトはこちらから!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村に参加しているよ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
買うつもりメモ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。